取扱製品 私たちの仕事は、お客様のニーズとともにあります。
時代に応える多面的な事業展開で、お客様ニーズを受け止める「ネット」へ。

残留油分測定システム『UV-AQ』

残留油分測定システム『UV-AQ』は、加⼯品に残留して いる微量油分を計測することで、脱脂レベルを数値化できます。
目視(外観)に頼ることが多い洗浄品質を手軽に数値管理し、これまで専門の分析機関が実施していた残留油分分析を,社内で行うことができます。
本システム⽤に開発された油分抽出溶媒『アクアソルベントD-10』 は、溶媒の法規制によって⼊⼿にお困りのユーザー様に安⼼してご利⽤頂く事ができます。

残留油分測定システム『UV-AQ』 特長

  1.測定感度が高い
    高性能の光学パーツの使用により、低濃度領域でも安定したデータの測定が可能です。

  2.優れた安全性
    2系統の光源を採用することで測定の信頼性が向上しました。

    3.作業場所を選ばない
    A4サイズのスペースで分析作業が可能な超小型設計です。

  4.簡単操作で測定
    タッチパネルに抽出溶剤の使用量を入力するだけで、濃度と油分量を自動計算します。

   5.安価で安心して使用できる抽出溶媒を採用
    D-10は販売規制を受けない抽出溶媒のため、安心してご利用いただけます。

 従来製品との比較表

項目  A社 B社  UV-AQ
装置
 原理  赤外線吸収法(IR) 紫外線吸収法(UV) 紫外線吸収法(UV)
 測定液量※ 約7ml 約1ml  約1ml
溶媒
 種類  フッ素系 炭化水素系  アクアソルベントD-10
 抽出能力 △:低い  △:低い 〇:高い
 臭気  ×:特異臭 ×:刺激臭 〇:低臭気
 法規制  〇:該当なし 〇:該当なし  〇:該当なし
 コスト ×:高価 ×:高価 〇:安価 
                              ※濃度測定に必要な液量

 仕様概要

寸法
横170×縦180×高さ85(mm)
(ただし電源ケーブルおよび通信ケーブルは含まず)
総重量
2.2kg(本体、電源ケーブル)
必要電源
100V
使用環境
室内使用(平坦かつ風の影響を受けない室内)
 保証測定範囲  1~500mg/L(メーカーの検量線溶液での値)
使用溶媒  アクアソルベントD-10(第4類第2石油類(水溶性液体))
グリコールエーテル系溶剤
沸点>145℃、引火点46℃、比重0.88g/㎤
1L×10本単位にて出荷(ガラス製容器)

貸出機のご用意もございますので、お気軽にお申し付け下さい

製品へのお問い合わせは、機能材営業本部 TEL(03)3836-8461
お問い合わせ・資料請求

ページトップへ