取扱製品 私たちの仕事は、お客様のニーズとともにあります。
時代に応える多面的な事業展開で、お客様ニーズを受け止める「ネット」へ。

HFC系混合冷媒 『R-404A』

HFC系混合冷媒 『R-404A』は、業務用低温機器分野で広く使われて
きた R-502(CFC系混合冷媒)の代替冷媒として開発された
混合冷媒です。

主な用途としては中低温域の冷凍システム(ショーケース、冷凍倉庫、
保冷庫など)の冷媒に使用されています。

HFC系混合冷媒 『R-404A』 特徴

HFC系混合冷媒 『R-404A』は、業務用低温機器分野で広く使われて生きたR-502(CFC系混合冷媒)の
代替冷媒として開発された混合冷媒です。HFC-125、HFC-143a、HFC-134aの3種混合で、
擬似共沸冷媒です。組成変化を避けるために液充填が必要です。

吐出ガス温度は、R-502と同等またはさらに低く抑えられます。また、エステル油およびエーテル油との
相溶性に優れています。
(R-502と共に用いられるナフテン系などの鉱油とは相溶性が悪く分離する傾向にあります)
水分溶解度はR-502と比較すると若干高くなっています。

主な用途としては中低温域の冷凍システム(ショーケース、冷凍倉庫、保冷庫など)の冷媒に
使用されています。

『R-404A』の一般的性質

  R-404A 【参考】 R-502
成分 HFC-125/143a/134a HCFC-22/CFC-115
混合比率 44/52/4 48.8/51.2
沸点(℃) -46.1 -45.6
飽和蒸気圧(MPa, 25℃) 1.25 1.16
燃焼範囲(vol% 空気中) 不燃 不燃
オゾン破壊係数(ODP)① 0 0.33
地球温暖化係数(GWP)②
  (     )③
3920
(3260)
4660
① R-404AはAFEAS'91年12月の発表に基づく。R-502はモントリオール議定書に基づく。
② IPCC第4次報告書(2007)に基づく積分値100年値。
③ IPCC第3次報告書(1995)に基づく積分値100年値。

 取扱方法/安全情報

R-404Aは液化高圧ガスです。通常の条件では危険有害な反応は起こりませんが、
使用前にはMSDSをお読みください。

 梱包仕様

高圧ガスボンベ 貸し容器 ・・・ 入目 10kg, 20kg, 100kg, トン容器
           再充填禁止容器(NRC容器) ・・・ 入目 10kg

空調・冷凍に関するお問い合わせは下記までお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ・資料請求

ページトップへ